仕事に懸ける想い

尊敬する大先輩セラピストの「こどもたちをHappyに」という言葉をモットーに、自分色のリハビリの提供を心掛けて、セラピスト人生十数年となりました。

今まで培ってきたものを在宅の現場でフル活用できるように、また、自分自身もさらに成長できるように日々努力しています。利用者様たちがHappyになるように、保護者の方々の悩みが軽減できるように、それぞれの「個性」や「想い」を大事にしていきたいと考えています。